日本の未来を創るのは、君たちだ!!
開講!!『うまれよ!未来塾』

これから社会に出て行くみなさん。そしてすでに社会で活躍しているみなさん。
新聞を読んでいますか?えっ!世の中のことなんてネットニュースで十分。そんな声が聞こえてきそうですね。ネットニュースといっても、新聞社や通信社が配信しているページを読んでるひとは少ないんじゃないかな。ほとんどが、Yahoo!やGoogleのニュースを拾い読みしている程度ではないでしょうか。もちろんそれでも大きな事件や自分の興味のある出来事はキャッチできます。でもね、これから日本の経済のどまんなかで活躍していこうというあなたたちだからこそ、ちゃんと新聞をすみずみまで読んで、今の社会のそして経済の空気に触れていて欲しいのです。

日経新聞が、企業のトップと学生をつなぐ、すごい企画を始めました。

そのきっかけとなるような企画を、日本経済新聞(以降、日経新聞)が昨年スタートしました。それが、日経新聞の『未来面』。「新しい日本人をつくる」をコンセプトに、毎月第一月曜日に、企業のリーダーから学生たちに課題が提示されます。そして、その課題に対する提言を送ると、企業のトップが素晴らしいと思ったものを選んで紙面(紙と電子版両方)に掲載してくれます。名だたる企業のリーダーに、あなたたちの書いた提言が直接届き、読んでくれるんですよ!すごいことだと思いませんか?

日経新聞『未来面』のコンセプトに『職サークル』が共感。
『うまれよ!未来塾』が誕生しました。

日経新聞が『未来面』を企画した背景には、きっと「これからの社会を担っていく若者たちを、ちゃんと見守り、育てていこう」という気持ちがあるんだと思います。その思いは、わたしたちの『職サークル』もまったく同じ。そこで『職サークル』に参加している学生たちに、『未来面』を題材に、社会や企業のことを学ぶ場がつくれないかと、日経新聞社に打診。快諾を得て『うまれよ!未来塾』開講の運びとなりました。

プロの講師が、新聞の読み方から、業界研究まで目からうろこの講義を行います。

『うまれよ!未来塾』では、企業や経済のことを知り尽くしたプロの講師が、新聞の読み方はもちろん、テーマとなる業界の深堀り研究まで、大学の授業では聞くことのできないリアルな講義を行なってくれます。たとえば6月の『未来面』は、セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文会長からの課題。「流通業のインフラをどう使いますか」に対して、参加学生たちがディスカッション。コンビニエンスストアの主要顧客が変化してきているという話題から、シルバー世代へのサービスの企画がうまれたり、全国15,000店舗を活用したレンタル事業など、企業色に染まっていないフレッシュな学生たちのアイデアに講師も驚いていました。

■日経新聞「未来面」とは

日経新聞と日本の一流企業がコラボして実現した、「これからの国のかじ取りを担う、若く、新しい力を育てるプロジェクト」。
毎月第一月曜日に、企業のリーダーから、学生さんたちにテーマが出されます。
各自提案を400字程度にまとめて日経新聞(日経新聞電子版サイトに投稿フォームあり)に送ってください。トップ自ら全提案に目を通し、優秀作品は日経新聞に掲載されます。
これまで、三菱商事、JXホールディングス、ヤマトホールディングス、NTT、大和ハウス、第一三共、IHI、セブン&アイ・ホールディングス、ナガセなどそうそうたる企業のリーダーたちが登場。
今後も注目のリーダーが毎月登場します。日本企業を代表するリーダーたちをうならせるような提案を、あなたもぜひ!!
日経新聞未来面 http://www.nikkei.com/news/topic/archive/?uah=DF221020129453

■今後の登場予定企業

味の素
日本特殊陶業
日本マクドナルドホールディングス
パナソニック
東日本旅客鉄道
三井住友海上火災保険
三菱ケミカルホールディングス
LIXIL ほか

■『うまれよ!未来塾』開講スケジュール

第1回 6月10日(月)終了
第2回 7月1日(月)終了
第3回 8月7日(水)
第4回 9月3日(火)
第5回 10月9日(水)
第6回 11月6日(水)
第7回 12月4日(水)
以降、毎月開催。各回17:00~19:00予定

うまれよ未来塾のお申し込みは、こちらから
※『うまれよ!未来塾』への参加には『職サークル』への会員登録(無料)が必要です。

■「職サークル」とは

株式会社パフが主催・運営する、学生と社会人がひざを交えて交流できる場。企業と学生の信頼関係を醸成するコミュニティ(インフラ)です。
主に就職活動を行なっている学生と企業採用担当者が、就職活動の枠をこえて、語り合い、社会の空気を共有し、よりよい就職を経て素敵な社会人となり、また後輩を見守り育てていくような社会をめざし、日々活動しています。
職サークルHP http://shokucircle.jp/